ウェイクロングLAN

 

目次

Wake-On-LANを利用し、Windows、macOS、Linux端末をスリーブ状態からの起動やシャットダウンできます。

 

要件

  • スリーブ状態の端末と同じネットワーク上にオンライン状態のAnyDesk端末が一つ必要です。
  • スリーブ状態の端末がAnyDeskの設定でWake-On-Lan設定がオンになっている必要があります。
  • オペレーティングシステムとハードウェアがWake-On-LANに応じた設定がされており、サポート対象である必要があります、

注意事項:ご使用のハードウェアがWake-On-LANをサポートしているか確認するには端末メーカーにお問合せください。

 

TOPへ戻る

 

端末の起動

オフライン状態の端末へ接続する際にAnyDeskはスリーブ状態の端末上に「起動する」とポップアップさせます。

もし正しく設定されている場合は「起動する」を押下すると起動しようとしている端末と同ネットワーク内にオンライン状態のAnyDesk端末が存在するという前提で、スリープ状態の端末の起動処理を開始します。

例:

ローカルにあるクライアントLがネットワークAにあります。

ネットワークB上でリモートクライアントRの電源オフ又はスリープ状態にします。

ネットワークB上に起動状態のリモートクライアントWがあります。

もしLからRへ「起動する」をすると、AnyDeskサーバはネットワークB上にあるWの様なオンライン状態の端末を探し、Wをホストしている端末からRをホストしている端末へ起動パケットを送信するようにリクエストします。

端末が起動したタイミングでAnyDeskは自動的に接続します。

 

Wake-on-LANの設定方法に設定に関する詳細情報がありますのでそちらでご確認ください。

 

TOPへ戻る

 

サポートしている起動状態

AnyDeskは下記モードの端末を起動させます:

  • シャットダウン(Windows 7のデフォルトであるS5電源状態)
  • ハイブリッドシャットダウン(Win 8, 8.1, 10のデフォルト)
  • スリープ状態

TOPへ戻る

 

Wake-on-LANの設定方法

リモートのAnyDesk端末の設定でWake-On-LANがオンになっている必要があります。

オペレーティングシステムの設定が正しく設定されている必要があります。

BIOS/UEFI設定でWake-On-LANがオンになっている必要があります。

AnyDeskのWake-on-Lan設定

オフ Wake-On-LAN機能をオフにします。
オン

デフォルトでオンになっています。このオプションを使用するとAnyDeskは端末を起動させたりする為に自動的に同じローカルネットワーク内にいるAnyDeskのクライアントへランダムにPingを送信し、当該端末へ起動パケットを送るようにリクエストします。

オンだが、指定したデスクからのみ端末を起動させる。

ローカルネットワーク上にある端末のAnyDeskのIDを設定する事ができます。端末を起動させる為にはリストにある端末が最低1台以上オンライン状態である必要があります。

オペレーティングシステム別の設定方法

Windows, Linux or macOSなどの特定のオペレーティングシステムで使用する際の設定方法になります。

システム設定変更は保証対象外です。ご自身の責任で行ってください。

  1. PC起動時にBIOS画面を起動する入力をしてください。(通常はDelかF1を押下)
    1. 電源管理メニューからWake-On-LANオプションを探してください。
    2. Wake-On-LANをオンしてください。
  1. OSでのWake-On-LAN設定:
    1. Windows 7/10:
      1. スタートメニューを選択してください。
      2. 「デバイスマネージャー」を検索し、選択してください。
      3. 「ネットワークアダプタ」を展開してください。
      4. ネットワークカードを右クリックし、プロパティを選択してください。
      5. 「Advanced」タブを選択してください。
      6. スクロールし、一覧から「マジックパケットでの起動」を探してください。
      7. 当該値を「オン」に変更してください。
      8. 電源管理タブを選択してください。
      9. 「この端末をパソコンを起動するのを許可する」と「パソコンを起動するためにマジックパケットのみを許可する」をオンにしてください。
      10. OKをクリックしてください。
      11. 高速スタートアップをオフにしてください。
      12. 高速スタートアップをオフにします。
        1. 設定を開いてください。
        2. システム
        3. 電源とスリープ
        4. 電源の追加設定
        5. 「電源ボタンの動作の選択」を選択してください。
        6. 「高速スタートアップ」のチェックを外してください。
    2. macOS:
      1. システム環境設定を起動してください。
      2. 2行目にある「バッテリー節約」アイコンをクリックしてください。 
        1. ノートパソコン:「電源アダプタ」タブを選択し、「WiFiネットワークアクセスでの起動」にチェックを入れてください。(WiFiルータがこの機能をサポートしている必要があります)
        2. デスクトップPC:パソコンのスリープとディスプレイスリープスライダー下の画面中央近くにある「ネットワークアクセスでの起動」にチェックを入れてください。
  2. Wake-Over-WifiをサポートしているBIOS/UEFIとWiFiルータにも同様の設定を行ってください。

BIOS/UEFI設定

システムのBIOS/UEFIで特定の設定を変更する必要があります。この設定変更は熟知しているシステム管理者のみ行ってください。

BIOS/UEFI設定でWake-On-LANをオンにする方法は端末により異なりますので、端末メーカーのHPからご確認ください。

注意事項:システムへの変更全ては保証対象外です。自己責任で行ってください。

TOPへ戻る